芙蓉リースグループの主な環境目標と実績
(2017年度実績と2018年度目標)

芙蓉リースグループは環境目標の達成に向けて取り組んでいます。

評価:目標を達成した場合は◯、達成できなかった場合は×

地球温暖化対策

会社名 項目 2017年度目標 2017年度実績 評価 2018年度目標
芙蓉総合リース、及びエフ・ジー・エル・サービス リース事業協会の地球温暖化自主行動計画に参加
  • リース業における「低炭素社会実行計画」に参加する
  • 2030年度において芙蓉総合リースの本社床面積当りの電気消費量を基準年度(2009年度)対比で20%削減する
2009年度比52.7%減
  • リース業における「低炭素社会実行計画」に参加する
  • 2030年度において、芙蓉総合リースの本社床面積当りの電気消費量を基準年度(2009年度)対比で20%削減する
芙蓉総合リース、及びグループ会社※1 温室効果ガスの排出量の削減 2010年度水準を維持する(t-CO2) 2010年度比1.1%増 × 2010年度水準を維持する(t-CO2)

リース事業を通じた地球環境保護

会社名 項目 2017年度目標 2017年度実績 評価 2018年度目標
芙蓉総合リース 環境配慮型物件の取得推進 エネルギー・環境配慮型物件の取得金額120億円 170億円 エネルギー・環境配慮型物件の取得金額130億円
PC Eco & Valueリース・PCレンタル契約の成約推進 PC Eco & Valueリース・PCレンタル物件の取得金額50億円 47億円 × PC Eco & Valueリース・PCレンタル物件の取得金額50億円

省資源・省エネルギー活動の推進

会社名 項目 2017年度目標 2017年度実績 評価 2018年度目標
芙蓉総合リース、及びグループ会社※1 電気使用量の削減 2010年度水準を維持する(kWh) 2010年度比14.3%減 2010年度水準を維持する(kWh)
コピー用紙使用量の削減 2010年度水準を維持する(購入枚数で測定) 2010年度比10.1%減 2010年度水準を維持する(購入枚数で測定)
芙蓉総合リース、及び芙蓉オートリース、アクア・アート 営業車燃料使用量の削減 2010年度水準を維持する(ℓ) 2010年度比31.9%減 2010年度水準を維持する(ℓ)
芙蓉総合リース、及びグループ会社※1 グリーン文具購入の推進 2010年度水準を維持する(%) 2010年度比13.3%低下 × 2010年度水準を維持する(%)

循環型社会構築への寄与

会社名 項目 2017年度目標 2017年度実績 評価 2018年度目標
芙蓉リース販売 3Rの推進 3ヤード(東京3R、関西、九州)の中古物件販売件数60,000点 70,036点 70,000点

環境関連法令などの順守

会社名 項目 2017年度目標 2017年度実績 評価 2018年度目標
芙蓉総合リース、及びグループ会社※1 環境関連法令などの順守 環境関連法令などの順守評価を実施する 順守評価を実施、違反・問題点なし 環境関連法令などの順守評価を実施する
  • ※1
    対象範囲は、芙蓉総合リースの国内全事業所、及びグループ会社は、芙蓉オートリース、エフ・ネット、芙蓉リース販売、エフ・ジー・エル・サービス、アクア・アート、の国内全事業所です。

環境マネジメントシステムの確立

会社名 項目 2017年度目標 2017年度実績 評価 2018年度目標
芙蓉総合リース本社・大阪支店、及び芙蓉リース販売、エフ・ネット、エフ・ジー・エル・サービス ISO14001の認証の維持 ISO14001:2015へ移行し、認証を維持する 2017年6月に規格改訂に伴う移行審査に合格、ISO14001:2015へ移行して認証を維持 ISO14001:2015の認証を維持する
グループ全社※2 CSR報告書を作成し、外部コミュニケーションを実施 第12回目のCSR報告(冊子、Web)を発表する 2017年9月発表、外部コミュニケーション実施 第1回目の統合報告(冊子、Web)を発表する
外部コミュニケーションを実施する 外部コミュニケーションを実施する
  • ※2
    グループ全社の対象範囲は、芙蓉総合リース、シャープファイナンス、芙蓉オートリース、アクリーティブ、エフ・ネット、芙蓉リース販売、エフ・ジー・エル・サービス、アクア・アート、の国内全事業所です。

ページトップへ