Mizuho Financial Group

リースの契約手続

一般的なリース契約を締結する際の手続きは以下の通りとなります。

  1. 物件の選定

    お客様と販売会社様の間で、物件を選定し、仕様・価格・納期・物件代金の支払期限等を決定していただきます。

  2. リース料見積書提示

    お客様と販売会社様で決定された条件とリース期間を基礎としてリース料を算出し、お客様へお見積書を提示します。

  3. リース申込 / 審査

    お客様からリースのお申し込みをいただきます。
    その際、会社経歴書・決算書(直近3期分)等の資料をご提出いただき、それをもとに審査をさせて頂きます。

  4. リース契約締結

    審査後、契約条件等を打ち合せし「リース契約」を締結します。
    契約の際、商業(法人)登記簿謄本と印鑑証明書のご提出をお願いいたします。

  5. リース物件発注

    契約後、芙蓉リースは販売会社様へ「注文書」を発行しリース物件の発注を行います。
    次に販売会社様より芙蓉リースへ「注文請書」を発行していただき、売買契約が成立します。
    物件は「注文書」に基づき販売会社様より直接お客様指定場所へ納品されます。

  6. リース開始

    物件を完全な状態で受領したことを確認したうえで、お客様から芙蓉リースへ「リース物件受領証」を発行して頂きます。
    それによりリースが開始となります。(「リース物件受領証」発行日=リース開始日)

  7. リース料支払い

    「リース物件受領証」の発行後、リース料のお支払いを開始していただきます。
    リース料のお支払い方法は、銀行振込や口座引落、手形によるもの等があります。

  8. 物件代金支払い

    「リース物件受領証」を受領後、売買契約に基づき芙蓉リースから販売会社様へ物件代金を支払います。

ページトップへ