顧客本位の業務運営方針

第二種金融商品取引業者である当社は、日本型オペレーティング・リース(賃貸)事業において、お客さまに投資家としての参加をご案内しております。
金融庁が2017年3月に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」を踏まえ、当社は、以下のとおり業務運営に関する方針を定め、その取り組みを実践してまいります。

  • お客さまの最善の利益の追求

    当社は、経営理念に掲げる「顧客第一主義」に基づき、お客さまの最善の利益を第一に考え、お客さまに信頼される企業を目指して、高度な専門性と職業倫理を保持し、お客さまに対して誠実・公正に業務を行うよう努めてまいります。

  • 利益相反の適切な管理

    当社は、お客さまの利益が不当に害されることのないよう、お客さまと当社の間で発生する利益相反のおそれのある取引について正確に把握し、適切に管理してまいります。

  • 手数料等の明確化

    当社は、お客さまが、日本型オペレーティング・リース事業に投資家として参加されることによりご負担いただく手数料等について、お客さまにご理解いただけるよう、その手数料等の種類や性質について積極的に情報を提供してまいります。

  • 重要な情報の分かりやすい提供

    当社は、お客さまにご案内する投資案件について、お客さまが十分にご理解のうえ、お客さまご自身にとって最善と思われる判断ができるよう、重要な情報を分かりやすく提供することに努めてまいります。

  • お客さまにふさわしいサービスの提供

    当社は、お客さまのご意向を十分に把握したうえで、お客さまにふさわしい投資案件をご提案差し上げるよう努めてまいります。また、さまざまなお客さまのニーズを把握することにより、お客さまのニーズに合致した投資案件の組成、提供に努めてまいります。

  • 従業員に対する研修等

    当社は、お客さまの最善の利益を追求するためには、各従業員が、上記1.から5.に従って業務を行うことが必要であると考えております。そのため、研修等により、従業員によるお客さまの公正な取扱い、利益相反の適切な管理等を確保できるよう努めてまいります。

ページトップへ