割賦販売

リース会社が機械設備を購入し、お客様に分割払いで販売する取引。

割賦販売取引は、お客様が選定した機械設備をリース会社がお客様に代って購入し、お客様に 長期・分割払いで売渡す取引です。税務上リースに適さない物件や、所有を希望される物件には、割賦販売取引をご提供いたします。
お客様には、機械設備を資産計上し、減価償却費を計上していただきます。所有権は、割賦販売代金完済時までリース会社に留保され最終的にお客様に移転します。

1.物件の選定[販売会社様 お客様] 2.割賦販売契約[芙蓉リース お客様] 3.売買契約[芙蓉リース 販売会社様] 4.割賦物件の納入[販売会社様からお客様へ] 5.割賦代金お支払い[お客様から芙蓉リースへ] 6.代金支払い[芙蓉リースから販売会社様へ] 7.アフターサービス[販売会社様からお客様へ] お客様[市区町村[固定資産税申告納付]] 芙蓉リース[保険会社[動産総合保険付保手続き]]

メリット

  • 資金調達手段の多様化を図ることができます。
  • 銀行借入と比べて、簡単な手続きでの資金調達が可能になります。
  • 設備投資にかかる資金負担を平準化することができます。
  • 所有権は最終的にお客様に移転します。
  • 対象物件にはリース取引と同様、原則として動産総合保険を付保しますので、お客様で保険を付保する必要がありません。

割賦販売に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

ページトップへ