ディスクロージャー・ポリシー

  • 情報開示の基本方針
    当社は、株主・投資家の皆様をはじめ、あらゆるステークホルダーの皆様に当社を正しくご理解、ご評価頂くために、当社の経営戦略や財務状況等に関する情報を、公平かつ適時適切に開示いたします。
  • 情報開示の基準
    当社では、金融商品取引法等の関係諸法令(以下、「関係諸法令」とします)及び東京証券取引所の規則(以下、「適時開示規則」とします)で開示が定められている事項に加え、株主・投資家の皆様にとって有用と思われる情報を自主的・積極的に開示いたします。
  • 情報開示の方法
    関係諸法令または適時開示規則に基づき開示する情報は、有価証券報告書等への記載、若しくは東京証券取引所が運営する適時開示情報伝達システム(TDnet)への送信等、所定の手続きにより開示いたします。また、上記に該当せず、自主的に開示する情報につきましては、当社ホームページへの掲載等により開示いたします。
  • 将来見通しについて
    当社が開示する情報のうち、将来の見通し・予測に関する情報は、資料作成時点で入手可能な情報に基づく当社の判断によるものです。これらの情報には、リスクや不確実性などが含まれており、経済情勢や市場動向の変化等により、実際の結果と必ずしも一致するものではありません。
  • 未公表の重要情報について
    当社へのお問い合わせに対する回答や、当社が主催または参加する説明会等での説明は、既に開示した情報若しくは周知となった事実、あるいは一般的なビジネス環境に関する回答若しくは説明に限らせて頂き、未公表の重要事実については、一切言及いたしません。
  • 沈黙期間について
    当社は、公平性を確保するために、決算期日(四半期開示を含む)の翌日から決算発表までを「沈黙期間」とし、決算に関するコメントやご質問等にお答えすることは控えさせていただきます。ただし、「沈黙期間」中であっても、関係諸法令または適時開示規則により開示を要する事象が生じた場合には、適宜、情報を開示いたします。
  • その他
    当社ホームページ上での当社情報のご利用に際しては、本ディスクロージャー・ポリシーのみではなく、当社ホームページに別途掲載している免責事項も合わせてご参照ください。

ページトップへ