オペレーティング・リース

物件の中古価値を見積もり、リーズナブルなリース料を設定。

オペレーティング・リースは、リース会社がリース期間満了時におけるリース物件の中古価値をあらかじめ見積り、これを残存価額(残価)として「物件価額-残価」をベースにリース料を設定する取引です。

メリット

リース料支払総額の軽減

残価を設定しているため、リース料支払総額はファイナンス・リースに比べ割安となります。

[オペレーティング・リース]リーズ料支払い総額+残価(中古価値相当額)[ファイナンス・リース]リース料支払い総額

任意のリース期間設定

ファイナンス・リースは、税法の規定により適正リース期間が定められていますが、オペレーティング・リースは任意のリース期間を設定できます。

賃貸借取引として経費処理が可能

オペレーティング・リースは、賃貸借取引として支払いリース料を費用処理できます。

オフバランス取引

オペレーティング・リースは、会計上オフバランス取引となります。解約可能な場合は、注記も不要です。

満了時に3つの選択肢

満了時には3つの選択肢があり、リース物件を満了時の時価で買い取ることも可能です。

オペレーティング・リース ファイナンス・リース
使用継続 二次リース 再リース
使用終了 物件返却 物件返却
満了時の時価で物件買取

税務・会計上のオペレーティング・リース定義

税務上
税務上の「リース取引」(ファイナンス・リース)規制対象外
お客様の支払い総額<[物件の取得価額+付随費用(金利・保険料・ 固定資産税等)]×90%
会計上
ファイナンス・リース取引(中途解約禁止・フルペイアウト)以外
  • [解約不能のリース期間中のリース料総額-維持管理費用(保険料・固定資産税等)相当額]の現在価値 <(借手)見積現金購入価額×90%
  • 解約不能のリース期間がリース物件の経済耐用年数の75%未満であること。(1.が明らかに90%を下回る場合を除く。)

主な取引物件

  • 工作機械(旋盤、放電加工機、プレス機械など)
  • 射出成形機
  • 真空蒸着装置
  • 印刷機械
  • プリント基板製造設備
  • フォークリフト
  • 建設機械(ショベル、自走式クレーン、エンジン発電機など)
  • 医療機器
    ほか

オペレーティング・リースは一般的には中古市場が確立されている物件が適していますが、芙蓉リースでは物件ごとに個別に判定しています。

オペレーティング・リースに関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

ページトップへ