会計・資産管理総合サービス(FLOW Cube+)

FLOW Cube(現物)にSAPエンジン搭載の会計機能を合わせたクラウド型総合資産管理サービス。

税制や会計制度変更に加えて、内部統制強化のため、現物情報と会計帳簿の整合は必須となっています。
「FLOW Cube+」は、企業の労力とコストを抑えながら、「実態に合った財務諸表の作成、報告」の実現を可能にするクラウド型資産管理サービスです。

システムを+(プラス)したら、業務負担が-(マイナス)になった。 FLOW Cube+ IFRS16(リース)対応 「固定資産管理」経理部門だけに重くのしかかっていませんか? システム 現場 経理 総務・管財

FLOW Cube+サービス概要

「現物」に特化したFLOW Cubeに「(固定資産・リース)会計」の機能をプラスしたクラウド型総合資産管理サービスです。

「現物」と「会計」を一元管理することにより、煩雑になりがちな固定資産管理業務を正確に、簡易に行うことが出来ます。

現物管理(FLOW Cube+:FLOW Cube データ登録・更新、修復履歴管理、各種棚卸サポート機能、ALCAM(会計)へのデータ転送 
cloud(リース等 固定資産) ← (棚卸) → 総務様・現場:現物管理) → データ連携 →
会計管理(ALCAM:FLOW Cubeからのデータ受入、会計処理、CSVデータ入力・取込、各種申告書・リース帳票の出力※サービス提供は芙蓉リース cloud SAPエンジン搭載(リース借手:債務・利息等、固定資産:減価償却) ← → 経理様:会計・税務処理) → お客様一般会計システム

FLOW Cube+サービス特徴

  • 現物と会計を網羅した「FLOW Cube+」をご利用いただくことで、より効率的な資産現物管理と現物情報を正確に反映した会計処理が可能。
  • 企業向けパッケージに定評があるSAP社と共同製作したリースおよび資産の会計システム「ALCAM」は「SAP固定資産システム(AA)」に未実装であるリース会計機能を搭載。
  • 有形・無形固定資産、リース資産(他リース会社の資産も含む)、お客様の資産全般をWEB上で管理。
    固定資産・リースに関する棚卸・会計・税務に適した多様なレポートが出力可能です。
  • IFRS対応に必要となる複数帳簿に対応し、会計基準に則した適切な会計処理を実現。2019年度から適用となったIFRS16(リース)にもいち早く対応済み。
  • 頻繁に実施される税務・会計の制度変更に、スピーディかつ柔軟に対応可能。制度改正にかかるシステム改修コストの削減を実現。
  • 大手企業(東証一部上場)向け導入実績あり。

サービスご利用にあたって

  • 本サービスは、ご利用データ量に関わらず、毎月定額でご利用いただけます。

電話でのお問い合わせ

eビジネス推進部

TEL 03-5275-2422

FLOW Cube+に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

ページトップへ