Mizuho Financial Group

編集方針

芙蓉リースグループのCSRについて

芙蓉リースグループは、経済・環境・社会などの幅広い分野において社会的価値を創造しながら、当社グループ自身の持続的な発展もめざす取り組みを進めています。

リース会社である芙蓉リースは、環境や社会問題を解決する商品を自ら生産したり、技術開発をしたりするわけではありません。しかし、そのような商品や技術を生産・開発する企業活動を、リース事業を通じてサポートすることが社会課題の解決につながると考えています。

当社グループは、多種多様な設備・機器・製品のリースのみならず、割賦やファイナンスといった各種金融機能を駆使して企業活動を支え、社会に貢献しています。そうした当社グループならではの機能を発揮し、今後もステークホルダーの皆様との対話を進めながら、継続的にCSR活動を展開していきます。

本Webサイトについて

本Webサイトでは、芙蓉リースグループのCSRに対する取り組み姿勢と、2017年度に実施した主な活動をできる限り詳細に報告しています。グループ各社の取り組み事例についても報告していますので、ぜひご覧ください。

また、中長期的な視点で事業を通じ、どのように社会価値及び企業価値を創造していくかをお伝えする「統合報告書」も2018年度から発行しています。併せてご覧ください。

当社グループでは、ステークホルダーの皆様から幅広くご意見・ご感想を伺い、今後のCSR活動や活動報告の参考にさせていただきたいと考えています。ぜひご質問・ご意見・ご感想などを、お寄せください。

報告対象組織
芙蓉総合リース株式会社および連結子会社46社および関連会社4社
報告対象期間
2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日)
  • 一部、対象期間外の報告を含んでいます。
発行時期
2018年10月(前回発行2017年10月)
参考にしたガイドライン
本報告の作成にあたってはグローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)「GRIスタンダード」、環境省「環境報告ガイドライン2012」(財)日本規格協会「ISO 26000:2010 社会的責任に関する手引」を参考にしています。

芙蓉リースグループのCSRについてのお問い合わせ先

芙蓉総合リース株式会社
コーポレートコミュニケーション室

TEL
03-5275-8891
FAX
03-5275-8950

ご質問・ご意見・ご感想などを、お寄せください。

お問い合わせはこちら

ページトップへ