Mizuho Financial Group

編集方針

CSR(企業の社会的責任)について

CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)とは、企業が、経済・環境・社会などの幅広い分野における責任を果たすことによって、企業自身の持続的な発展をめざす取り組みです。

リース会社である芙蓉リースは、環境や社会問題を解決する商品を自ら生産したり、技術開発をしたりするわけではありません。しかし、環境や社会問題を解決する商品や技術を生産・開発する企業活動を、リース事業を通じてサポートすることが、当社の果たすべきCSRだと考えています。

当社グループは、多種多様な設備・機器・製品のリースのみならず、割賦やファイナンスといった各種金融機能を駆使して企業活動を支え、社会に貢献しています。そうした当社グループならではの機能を発揮し、今後もステークホルダーの皆様との対話を進めながら、継続的にCSR活動を展開していきます。

本Webサイトについて

本Webサイトでは、芙蓉リースグループのCSR(企業の社会的責任)に対する取り組み姿勢と、2016年度に実施した主な活動をできる限り詳細に報告しています。グループ各社の取り組み事例についても報告していますので、ぜひご覧ください。

また、本Webサイト掲載記事のなかから、特に進捗のあった取り組みや注力している取り組みを中心にまとめた冊子「CSR報告書2017ハイライト版」も発行しています。

当社グループでは、ステークホルダーの皆様から幅広くご意見・ご感想を伺い、今後のCSR活動や報告書作成の参考にさせていただきたいと考えています。ぜひご質問・ご意見・ご感想などを、お寄せください。

報告対象組織
芙蓉総合リース株式会社および連結子会社45社および関連会社3社
報告対象期間
2016年度(2016年4月1日~2017年3月31日)
  • 一部、対象期間外の報告を含んでいます。
発行時期
2017年10月(前回発行2016年10月)
参考にしたガイドライン
本報告の作成にあたってはGRI「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4版」、環境省「環境報告ガイドライン2012」(財)日本規格協会「ISO 26000:2010 社会的責任に関する手引」を参考にしています。

トップページの画像について

インテリア水槽「AQUA ART」と子供たち

芙蓉リースグループは、「AQUA ART」を使った社会貢献活動「アクアdeスマイル」を通じて、オフィスや街中、そして都会の子供たちに「自然に触れる機会」と「笑顔」をお届けしています。

読者の皆様が「AQUA ART」と出会い、この子供たちのように微笑んでくださること──

それが当社グループの願いです。

CSR(企業の社会的責任)についてのお問い合わせ先

芙蓉総合リース株式会社
コーポレートコミュニケーション室

TEL
03-5275-8891
FAX
03-5275-8950

ご質問・ご意見・ご感想などを、お寄せください。

お問い合わせはこちら

ページトップへ