株式会社インボイス

インボイスの概要

プロフィール

インボイスは、企業のコスト削減と生産性向上を実現する「一括請求サービス」や「集合住宅向けのインターネットサービス」などを提供しています。

会社概要

設立 1992年12月
資本金 1億円
株主 芙蓉総合リース(60%)
日本政策投資銀行(40%)
事業内容 法人向け一括請求サービスおよび集合住宅向けインターネットサービス等の提供

BPOサービスを通じて顧客企業の生産性向上に貢献

インボイスでは、お客様の各事業所に届く通信料金や公共料金の請求書をとりまとめ、各種料金支払いを代行した上で、お客様へ一括して請求を行うBPOサービス「一括請求サービス」を提供しています。

人手不足が社会問題化し、長時間労働の是正に向けた働き方改革が求められるなど、日本企業を取り巻く環境は大きく変化しています。企業にとっては、煩雑な請求書処理業務を効率化し、付加価値の高い中核業務に取り組む時間を確保するなど、従業員一人ひとりの生産性を向上させることが喫緊の課題となっています。

こうした背景がある中で、インボイスの一括請求サービスを利用することで、お客様は通信キャリアや公共料金の提供事業者ごとに異なる支払い業務を一本化し、業務効率化を図ることが可能となります。また、携帯電話やインターネットに関する顧客の請求書から利用状況を把握して最適な通信プランの提案を行うことにより、顧客企業の通信コストの削減にも貢献しています。

一括請求サービスの流れ[導入前]通信キャリアA社、通信キャリアB社、電気・ガス・水道の請求をユーザーへ送付→ユーザー:毎月の請求書に対する煩雑な業務[導入後]通信キャリアA社、通信キャリアB社、電気・ガス・水道の請求をインボイスへ送付→インボイス(請求書とりまとめ/支払代行)→ユーザーへ送付→ユーザー:業務の効率化/コスト削減/キャッシュフロー改善

テクノロジーの進化によって、決済サービスを取り巻く事業環境は大きく変わりつつあります。インボイスではこうした変化を活用し、AI等を活用した文字認識率の向上や、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)との連携によって業務プロセス全体の効率化を図ることで、より多くのお客様のコスト削減と生産性向上に貢献していきます。

ページトップへ