重要な取り組み課題(マテリアリティ)

芙蓉リースグループは、持続可能な社会の実現にむけて、国連の提唱するSDGs等を参考に社会・ステークホルダーへの影響を踏まえた上で、当社グループの事業を通じて解決を図ることができる課題をマテリアリティ(重要な取り組み課題)として特定しました。マテリアリティへの取り組みを通じて、社会と企業との共有価値を高め豊かで持続可能な社会づくりに貢献していきます。

マテリアリティの特定プロセス

  1. STEP 1課題の抽出

    SDGsを基準として、グローバルな見地から当社グループに関連する課題をリストアップ。それらの課題に対して、各種ESGインデックスの視点で外部環境分析を実施、当社グループに影響を与える課題を抽出しました。

  2. STEP 2ステークホルダーにおける重要度評価

    Step1で抽出した課題に対して、投資家を中心としたステークホルダーの目線で当社にとっての影響の大きさを定量分析し、課題の評価を実施しました。

  3. STEP 3当社ビジネスにおける重要度評価

    Step1で抽出した課題に対して、当社グループの「中期経営計画」や「企業行動規範」等から内部環境分析を実施し、各事業を通じた課題解決への貢献度や財務パフォーマンス等への影響の大きさを評価しました。

  4. STEP 4優先課題の特定

    Step2、Step3を踏まえて課題の優先順位付けを行い、優先課題を特定。特定した優先課題について、トップマネジメントがレビューし承認しました。

芙蓉リースグループのマテリアリティ

上記のマテリアリティ特定プロセスを経て、重要度が高い戦略的なSDGsとして目標3、5、7、8、11、12、13を特定しました。

[ステークホルダーにとっての非常に高い重要性・ビジネスにとっての非常に高い重要性] ステークホルダー及び当社グループにとって重要なエリア 3 すべての人に健康と福祉を 5 ジェンダー平等を実現しよう 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに 8 働きがいも経済成長も 11 住み続けられるまちづくりを 12 つくる責任つかう責任 13 気候変動に具体的な対策を [ステークホルダーにとっての非常に高い重要性・ビジネスにとっての高い重要性]ステークホルダーにとって重要であり、当社グループにとっての重要度は限定的なエリア [ステークホルダーにとっての高い重要性・ビジネスにとっての非常に高い重要性]ステークホルダーにとって比較的重要であり、当社グループにとって重要なエリア[ステークホルダーにとっての高い重要性・ビジネスにとっての高い重要性]ステークホルダーにとって比較的重要であり、当社グループにとっての重要度は限定的なエリア

各マテリアリティのKPIと目標(事業の遂行を通じた共有価値の創造)

重要な取り組み課題(マテリアリティ) 関連するSDGs 取り組みテーマ KPI 2017年度実績 今後の目標
健康と福祉の推進 3 すべての人に健康と福祉を
  • 高齢者介護、福祉サービスアクセスの拡大
  • 医療機関経営のサポート
  • 医療アクセスの改善・向上
  • 安価で良質な医療機器の普及
  • 先端医療技術の普及推進
医療・福祉分野の営業資産残高 663億円 2021年度 目標800億円
ダイバーシティと働き方改革
5 ジェンダー平等を実現しよう
8 働きがいも経済成長も
  • 効率的で生産性の高い働き方への改善
  • ワーク・ライフ・バランスの推進
  • 女性の活躍推進、多様な強みを持つ人材の育成
年次有給休暇取得率 68.0% 2021年度 目標80%
次世代育成のための労働環境整備 「プラチナくるみん」の継続
女性管理職者数 32名 2020年度までに40名登用
気候変動問題と再生可能エネルギーへの対応
7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
13 気候変動に具体的な対策を
  • 再生可能エネルギーの供給を拡大
  • 脱炭素への各種取組を支援
  • 再生可能エネルギー普及に資する取組支援
クリーンエネルギーの供給(出力規模) 102MWdc 2021年度目標 200MWdc
太陽光発電事業の営業資産残高 197億円 2021年度目標 340億円
当社グループが事業活動で消費する電力の内、再生可能エネルギーの割合 - 2030年目標 50%
2050年目標 100%
経済成長と働きがいの実現
8 働きがいも経済成長も
  • リース事業を通じた企業活動のサポート、社会発展への貢献
  • 企業経営の効率化、人手不足解決、働き方改革への対応
営業資産残高 21,687億円 2021年度目標 25,000億円
BPO事業の拡大 付加価値の高いBPOサービスを提供することで、顧客企業の生産性向上や高付加価値業務へのシフトを後押しする
安全で暮らしやすい街づくりと輸送手段の提供
11 住み続けられるまちづくりを
  • 環境に配慮した都市空間、居住空間の拡大
  • 都市間の安価で大量・安全な移動拡大への貢献
不動産リースの営業資産残高 3,620億円 2021年度目標 4,800億円
航空機リースの営業資産残高 976億円 2021年度目標 2,800億円
保有航空機の機体数 24機 2021年度目標 70機
循環型社会構築への貢献
12 つくる責任つかう責任
  • リース終了物件などに対する3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進
リースアップ物件等の中古販売件数 70,036点 2021年度目標 100,000点
産業廃棄物の発生抑制と適正処理 限りある資源の有効活用により廃棄物を削減するとともに、適正な処理を行う
  • 芙蓉リース販売のヤード(東京3Rセンター、関西、九州)の中古物件販売件数

ページトップへ