株式会社FUJITA

FUJITAの概要

プロフィール

FUJITAは、医療機器の買取り、解体・搬出並びに病院の新築移転や閉院に伴う医療機器・什器、備品類の処分のトータルサポートを行っています。

会社概要

設立 2006年7月
資本金 7,035万円
株主 芙蓉総合リース(51%)
藤田 賢(38%)
古田 修嗣(11%)
事業内容
  • 中古医療機器の買取および販売(設置・搬出等の工程を含む)
  • 閉院後の医療機器・什器備品などの解体・撤去
  • 新規医療機器の販売

3Rの推進による「資源循環」への取り組み

FUJITAは、中古医療機器の買取り・販売並びに病院の閉院に伴う医療機器の処分において、3R(リユース:再利用、リサイクル:再資源化、リデュース:廃棄物の排出抑制)を推進し、廃棄物の削減に積極的に取り組んでいます。

特に、3Rのうちリユース(再利用)に注力し、リユース対象物を医療機器※1のみならず病院内の残置物※2まで拡大し、リユースの極大化を図り廃棄物や資源ごみを減少させ「資源循環」に取り組んでいます。また、閉院に伴う医療機器等の処分をトータルサポートすることで効率的に廃棄物を仕分け・分解でき、発生した金属や樹脂等を無駄なく資源として再利用(リサイクル)しています。更に、廃棄物の発生抑制(リデュース)にも配慮することで、結果としてお客様の廃棄物処理費用削減にもつながっています。

  • ※1
    MRI、CT、血管造影装置(アンギオ)等の重量機器や、超音波診断装置、内視鏡システム等のポータブル機器など
  • ※2
    病室のベッドや事務所の什器類、家電、書籍など

FUJITAの3つの“R”

3R[Reuse:リユース(何回もくり返し使う)、Recycle:リサイクル(資源として再利用する)、Reduce:リデュース(ゴミそのものを減らす)] ReuseとRecycleでコストもReduce(削減)
① Reuse:リユース
FUJITAは医療機器・事務機&備品・什器家電類を再利用(リユース)します。
② Recycle:リサイクル
廃棄物を仕分け&分解して金属、樹脂等資源として再利用します。
③ Reduce:リデュース
そして、廃棄物(ゴミ)を減らし、結果としてコストも削減します。

ページトップへ